記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻めの資産と守りの資産について

こんにちわ!
まさまさです!

今日は前回書きました「攻めの資産と守りの資産」についてです。

まず投資初心者は「攻めの資産と守りの資産」とはなんぞや??と思うはずです。そのため資産配分のお話をしたいと思います。

投資するときにはまず行っていただきたいのは、

無リスク資産と有リスク資産をしっかり分ける

無リスク資産とは現金、つまり銀行に預けている預金。あなたがいつでも困った時に自由に使えるお金です。
有リスク資産とは債券や株、つまり価値が変動し損や得をする可能性が大きくある資産のことです。

これをやるのとやらないのでは投資に失敗したときや株の価格の下落時の不安感がだいぶ変わります。

単純に言うとあなたが競馬などのギャンブル場に行く時全財産(帰りの電車賃含め)全部一気に賭けますか?
答えはNOですよね!(たまに電車賃すらないという方がいますが、そのような方は投資は向いていません。働いて稼ぎましょう。)

そのため生活に使うであろうお金は無リスク資産
余裕があってなくなっても生活には困らないお金は有リスク資産


それでは本題の「有リスク資産の攻めの資産と守りの資産」に入りましょう。

攻めの資産とは多少リスクを背負っても年率リターン15%~20%を狙う資産。
守りの資産とは低リスクで少しづつ増やしていく資産。

私は知らない分からないものには投資をしないと決めているので
攻めの資産は日本個別株
守りの資産は先進国株のインデックスファンドや米国ETF
としました。

守りの資産に国債を入れている人がいますが私は「債券不要論」信者です!笑 理由はおいおい記事にします。(債券不要論をググるとたくさん出てくるので興味がある方はそちらにて!)

このように資産を分けることで分散投資とリスク分散ができ万が一の時に備えることができるということです。

次回は攻めの資産と守りの資産をどうやって決めたかの理由を書いていきたいと思います!
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして、足跡から辿り着きました。
ちょうど同じタイミングでお互いが債券不要説を自身のブログで取り上げていましたね笑
私はまだまだ信者とまではいきませんが、最近は債券不要サイドに気持ちが偏り始めています(現時点では債券に投資しています)。

また足を運びに来ます♪

はじめまして

はじめまして!
参考にしているブログ主様からのコメント非常にうれしいかぎりです。
債券についてですが、先進国が長期低金利時代になってしまった現在、個人投資家が購入する国債ファンドの基準額が上がるか非常に疑問です。

また新興国の債券については、もっそさん同様にリスクとリターンが見合っていないかと思います。

債券不要と考えた理由については、おいおい記事にするので、なにかコメントありましたらその時にもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:masamasa
まさまさです。
病気により会社を退職後、投資について日々勉強。
金が金を生むバビロンの考えを忠実に生かしていきたいと思います。
何も分からず投資を始めようとする方の導入段階で読んでもわかりやすいブログにしていきます。

月別アーカイブ

カウンター

相互リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。