記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻めの資産と守りの資産について 続

こんにちわ!
記事の文字を大きくした所が反映されず戸惑っているまさまさです!

前回の続きの攻めの資産と守りの資産の中身をどう決めたかです。

・攻めの資産について
高いリターンを狙うため、日本の個別株や外国の個別株や外国指数連動型ETF(外国の日経平均と同じ動きをする株だと考えてください)などが該当するかと思います。
私はこの中でいちばん身近であり、わかりやすく購入しやすい日本の個別株を選択しました。

外国の個別株や外国指数連動型ETFを買わない理由は、情勢がわかりづらく、頻繁に売買するには手数料が高いからです。
皆さんも投資信託などを買うときはまず手数料を見ましょう。安いことにこしたことはありません。

・守りの資産について
低リスクで分散をさせる目的のため、金、REIT、債券、先進国や新興国の投資信託などが該当するかと思います。
私はこの中でも先進国投資信託(たわら先進国株)と経済大国アメリカのETFを選択しました。

先進国株の投資信託を選んだ理由としては、日本を除く先進国(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなど)は株価がこの三十年右肩上がりであるためです。

この考えは日本株の銘柄を選ぶ際の指標としている
「過去の会社成長率(売上と利益)がコンスタントに右肩上がり」
にも通ずるものかと思います。過去30年間安定して経済が成長し、株価が上がってきたものがそう簡単には崩れはしないだろうと思っています。

次に米国ETFを選んだ理由としては、アメリカは世界一の経済大国であり、世界NO.1の企業が多数あるからです。
皆さんが必ず耳にしたことがあるコカコーラ、アップル、マイクロソフト、グーグルなどはすべて米国企業です。
私はこれら超有名企業が一斉に崩れることはないと思っています。

以上が選択理由です。

資産配分や商品選択は投資を始める際に非常に重要です。まずはしっかりと考えて投資を始めましょう。
もしもあなたがよくわからずに軽い気持ちで、投資の世界に入ってくるならば必ず痛い目にあいますよ。

「知らぬは損」

銀行員が紹介してくる「お得な投資信託」や「高い分配金の投資信託」などにはだまされずに!!
甘い話には必ず落とし穴がありますよ。。。

次回はブログのタイトルの長期投資とインデックス投資について書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:masamasa
まさまさです。
病気により会社を退職後、投資について日々勉強。
金が金を生むバビロンの考えを忠実に生かしていきたいと思います。
何も分からず投資を始めようとする方の導入段階で読んでもわかりやすいブログにしていきます。

月別アーカイブ

カウンター

相互リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。